メールソフトでメールを送信する際に「不正な証明書」という警告が出ます。

本警告が表示された場合、自己証明書を承認していただければ送信できます。
 

警告の詳細

メールを暗号化して送信するには、「SSL証明書」が必要になります。

メール送受信の際に利用しているSSL証明書は第三者機関から発行される正式な証明書ではなく、
「自己証明書」を利用していますので、その旨の警告メッセージが表示されている状態です。

本警告が表示されておりましても暗号化通信は問題なく行われます。

なお暗号化自体がご不用であれば、暗号化設定を使用しなければ本警告は表示されません。

この記事は役に立ちましたか?