Amazon Payの解約を行ったあと、店舗側で必要な作業はありますか?

はい、ございます。

他社ID決済(Amazon Pay利用)の解約、
もしくはfutureshopの解約によりAmazon Payを利用しなくなった場合、
店舗様側にてAmazonセラーセントラルの設定変更作業が必要です。

Amazonセラーセントラルにログインし、下記2箇所 の設定をご確認ください。

  • A:APIアクセスのアクセス権の取り消し
  • B:アプリ管理のアクセス権の無効化
  • 店舗さまでの設定状況により、
    「AとBどちらの対応も必要」
    「AとBいずれかの対応のみ」
    「AとBどちらの対応も不要」な場合がございます。
  • 本ページの作業は
    「futureshopでのAmazon Pay利用を停止したあとの作業」です。
    Amazon Payの利用中に操作を行うと決済に影響がございますのでご注意ください。

A:APIアクセスのアクセス権の取り消し

  1. Amazonセラーセントラルにログイン後、インテグレーションをクリック
  2. 表示されたメニュー内の「インテグレーションセントラル」をクリック
  3. 「ソリューションプロバイダもしくは自社開発を選択箇所」にて「futureshop」を選択
  4. 「手順を見る」をクリック
  5. Authorization Tokensをクリック
  6. 「アクセス権が付与されています」 と表示されており、「アクセス権の取り消し」があればクリック

上記内容が表示されていなければ、
「A:APIアクセスのアクセス権の取り消し」の対応は不要です。

 

B:アプリ管理のアクセス権の無効化

  1. Amazonセラーセントラルにログイン後、設定>ユーザー権限をクリック
  2. ユーザー権限ページにて、「アプリ管理を表示」をクリック
  3. アプリの管理ページにて、開発者IDが804019623754 の行の「無効化」ボタンをクリック

上記内容が表示されていなければ、
「B:アプリ管理のアクセス権の無効化」の対応は不要です。

 

本対応について

2020年11月18日バージョンアップ時のAmazon Pay v2への対応に伴い、
店舗様の設定状況によっては上記作業が必要となりました。

この記事は役に立ちましたか?