「今までに見た商品(閲覧履歴)」の一覧ページを作ることができますか?

futureRecommend2の閲覧履歴表示の機能により、「今までに見た商品」の一覧ページを作成することができます。

本内容を設定するには、futureRecommend2オプションのご契約が必要です。
■サービスサイト:futureRecommend2

 

作成方法

STEP1:閲覧履歴一覧ページ用レコメンドテンプレートの作成

レコメンド管理画面>表示設定>テンプレート一覧/作成 にて「fs_history」をクリックし、
ページ下部の「別名で保存する」をクリックすると、テンプレート一覧に「fs_history-2」が作成されます。

「fs_history-2」に入り、テンプレート名を「fs_history_all」に変更し、
「fs_history_all」の編集画面にて下記のHTMLとCSSを記述し登録します。

HTML

#{if(total,0)}#{else}
<div class="FS2_Recommend2_container_history">
<h3 class="CrossHead">今までにチェックした商品</h3>
<ul>
#{item(1,10)}
<li>#{if(image)}<a href="#{url}"><img src="#{image}" /></a><br />#{/if}<a href="#{url}">#{raw(name)}</a><br />
<span class="recommend2_price">当店特別価格</span><span class="recommend2_itemprice">#{comma(price)}円</span><span class="recommend2_price">(税込)</span></li>
#{/item}
</ul>
</div>
<br clear="all" />
#{/if}

CSS(ページ幅の数値はショップレイアウトに合わせて適宜ご調整ください)

.FS2_Recommend2_container_history{
margin-bottom:15px;
width:728px; /*閲覧履歴一覧ページの幅*/
}
.FS2_Recommend2_container_history a{
font-weight:bold;
text-decoration:none;
}
.FS2_Recommend2_container_history a img{
border:none;
}
.FS2_Recommend2_container_history ul{
padding:0px;
}
.FS2_Recommend2_container_history ul li{
display:block;
float:left;
padding:10px;
width:200px; /*閲覧履歴一覧ページの商品エリアの幅*/
height:310px; /*閲覧履歴一覧ページの商品エリアの高さ*/
margin:0 10px 5px 10px;
line-height:1.5em;
}
.FS2_Recommend2_container_history img{
margin-bottom:10px;
}
.recommend2_itemprice {
color:#DE4B47;
font-weight:bold;
}
.recommend2_price {
color:#999999;
}

 

STEP2:閲覧履歴一覧ページを作成しタグを設置する

 

以降の設定はコマースクリエイター利用状況により異なります。

コマースクリエイターの利用状況がご不明な方はコチラをご確認ください。

 

コマースクリエイター利用中店舗様

commerce creator>フリーページ>フリーページを追加する より閲覧履歴一覧のフリーページを作成します。

タイトル:閲覧履歴一覧 など(任意のタイトルを入力してください)

URL:display_history_list など(任意のURLを入力してください)

ページ本文 下記のレコメンドタグを入力して保存してください。

<script type="text/javascript">

try{

_rcmdjp._displayHistory({

template:'fs_history_all'//テンプレート種類

});

}catch(err){}

</script>

 

 

コマースクリエイター未利用もしくは移行中店舗様

運用メニュー>商品管理>商品グループ にて、商品グループを新規登録します。
「1ページに表示する子グループ数」と「1ページに表示する商品数」は0×0にしてください。

グループ登録後、上級デザインタブの「上部コメント」「スマートフォン上部コメント」に、下記のレコメンドタグを入力します。

<script type="text/javascript"><!--
try{
_rcmdjp._displayHistory({
template:'fs_history_all' // テンプレート名
});
}catch(err){}
//--></script>


以上により、「今までに見た商品(閲覧履歴)」の一覧ページが作成できます。

この記事は役に立ちましたか?