futureshopネームサーバーのTXTレコードを設定したい

futureshopネームサーバー( ns*.future-s.com )をご利用いただいている場合、TXTレコードの設定は弊社にて対応いたします。
ご希望のレコード情報を、管理画面お問い合わせフォームよりご依頼ください。

設定例1:TXTレコードにSPFを設定する

正しい送信元であることを証明するSPFを設定します

なりすましメールへの対策として、正しい送信元の確認が出来ない場合、受信サーバーにて受信をブロックされる場合があります。
ブロックを防ぐため、正しい送信元であることを証明するSPFを設定します。

futureshopご契約ドメインのメールアドレスを差出人として、他社メールサーバーから送信される場合、
他社メールサーバーのSPF情報を管理画面お問い合わせフォームよりご連絡ください。
ご連絡いただきましたSPFをTXTレコードに設定いたします。
※ドメイン参照回数が10回を超える場合、追加が出来ない場合がございます。

 

設定例2:TXTレコードにDKIMを設定する

DKIM設定にて電子署名を付与しメール本文の正当性を確認します

メール内容改竄の対策として、正しいメール内容の確認が出来ない場合、受信サーバーにて受信をブロックされる場合があります。
ブロックを防ぐため、DKIM設定にて送信メールに電子署名を付与し、受信サーバーにて電子署名を検証することによってメール本文の正当性を確認します。

futureshopご契約ドメインのメールアドレスを差出人として、他社メールサーバーから送信される場合、
他社メールサーバーのDKIM情報を管理画面お問い合わせフォームよりご連絡ください。
ご連絡いただきましたDKIMをTXTレコードに設定いたします。
※futureshopメールサーバーから送信されるメールは、DKIM認証に対応しておりません。

 

設定例3:TXTレコードにドメイン所有者認証用レコードを設定する

TXTレコードにてドメインの所有者認証を行います

googleやfacebookなど、各種サービスをご利用いただく際、TXTレコードにてドメインの所有者認証を行う方法があります。
ドメイン所有者認証用レコード情報を管理画面お問い合わせフォームよりご連絡ください。
ご連絡いただきました内容をTXTレコードに設定いたします。

この記事は役に立ちましたか?