futureCartRecoveryを利用しています。Gmail メール送信者のガイドラインの対策について教えてください。

futureCartRecovery(カートリカバリー)のオプションをご利用の店舗様向けの記事となります。

futureCartRecoveryを利用されていない店舗様は、このページの設定は必要ございません。
下記の虎の巻の対応のみとなります。

【全店舗様で対応が必要な内容】
futureshopから配信するメールのSPFレコード設定について教えてください。
futureshopから配信するメールのDKIM設定について教えてください
メールのDMARC設定について教えてください

※ 上記3つの設定は全店舗様で対応が必要です。

 

Google社のGmailよりメール送信者のガイドラインが発表されましたが、
futureCartRecoveryのリカバリーメールをご利用いただいている場合、futureCartRecovery用に別途対応が必要となります。

本記事では、futureCartRecoveryをご利用店舗様で必要な対応をご紹介いたします。

 

必要な対応

 

設定前の確認

1.設定が必要なドメインを確認する

リカバリーメールの差出人アドレスで使用しているドメインに対して設定が必要です。
フューチャーカートリカバリー管理画面にて、設定されている「差出人アドレス」をご確認ください。
リカバリー設定>メール基本設定>メールテンプレート基本設定より確認できます。

参考マニュアル:
リカバリー設定:リカバリーメール>メールテンプレート基本設定

 

2.ネームサーバーを確認する

レコードを設定するために、ドメインで利用しているネームサーバーを確認します。

 

 ネームサーバーの確認方法

 設定

ご依頼方法

指定のドメインで

futureshopネームサーバーをご利用の場合

ネームサーバーのレコードに
ns*.future-s.com」が設定されています。
弊社

弊社で設定します。

店舗様での対応およびご依頼は不要です。

指定のドメインで

futureshopネームサーバー以外をご利用の場合

ネームサーバーのレコードに
ns*.future-s.com以外」が設定されています。
店舗様 店舗様にて設定が必要です。

 

< ドメインで利用しているネームサーバーが分からない場合 >

ドメインで利用しているネームサーバーの確認方法については、以下の虎の巻にてご案内しております。
あわせてご確認ください。

参考虎の巻:
ドメインに設定されているネームサーバーの確認方法を教えてください

 

設定する値を確認・設定する【要ご対応】futureshopネームサーバー以外をご利用の場合

差出人・送信者(From)メールアドレスのドメインで利用しているネームサーバーに、下記のレコードを追記してください。

DKIM

※ futureCartRecoveryから配信されるメールは、現在DKIM認証に対応しておりません。(2024年2月27日以降対応予定)

ホスト名(FQDN) pr20.差出人・送信者(From)メールアドレスドメイン
レコード種類 CNAME
レコード情報 6eac2a6b-cdce-49f0-a3ff-a95e039dcc85.q-send.jp
ホスト名(FQDN) am120._domainkey.差出人・送信者(From)メールアドレスドメイン
レコード種類 CNAME
レコード情報 am120.domainkey.6eac2a6b-cdce-49f0-a3ff-a95e039dcc85.q-send.jp
ホスト名(FQDN) am220._domainkey.差出人・送信者(From)メールアドレスドメイン
レコード種類 CNAME
レコード情報 am220.domainkey.6eac2a6b-cdce-49f0-a3ff-a95e039dcc85.q-send.jp

 

差出人・送信者(From)メールアドレスのドメインが example.com の場合は、以下のような設定となります。

【設定例】
pr20.example.com IN CNAME "6eac2a6b-cdce-49f0-a3ff-a95e039dcc85.q-send.jp"
am120._domainkey.example.com IN CNAME "am120.domainkey.6eac2a6b-cdce-49f0-a3ff-a95e039dcc85.q-send.jp"
am220._domainkey.example.com IN CNAME "am220.domainkey.6eac2a6b-cdce-49f0-a3ff-a95e039dcc85.q-send.jp"

DKIMの値は改行せずすべての値を必ずご設定ください。
正しく設定されていない場合、DKIMは有効になりませんのでご注意ください。

 

SPF

レコード種類 TXT
レコード情報 v=spf1 include:spf.q-send.jp ~all

 

差出人・送信者(From)メールアドレスのドメインが example.com の場合は、以下のような設定となります。

【設定例】
example.com IN TXT "v=spf1 include:spf.q-send.jp ~all"

 

正しく設定されていない場合、SPFレコードは有効になりませんのでご注意ください。

 

DMARC

特に指定がない限り、DMARCメール認証にnoneの値を設定してください。

ホスト名(FQDN) _dmarc.差出人・送信者(From)メールアドレスドメイン
レコード種類 TXT
レコード情報(一例) v=DMARC1; p=none;

 

差出人・送信者(From)メールアドレスのドメインが example.com の場合は、以下のような設定となります。

【設定例】
_dmarc.example.com TXT "v=DMARC1; p=none;"


正しく設定されていない場合、DMARC認証は有効になりませんのでご注意ください。

 

各レコードを有効にするためには、上記の記述でレコード情報の登録が確認できることが条件となります。
登録操作後には設定が正しいか、必ずご確認ください。レコード情報の確認方法はこちら

なお、設定方法はご利用サービスにより異なりますので、
ネームサーバー管理会社様へご確認いただきますようお願いいたします。

 

設定内容を確認する

自社で設定された場合は、設定したレコードをご確認ください。値に誤りがありますと、有効になりません。

ネームサーバーに設定したレコードの確認方法については、以下の虎の巻にてご案内しております。
あわせてご確認ください。

参考虎の巻:
ネームサーバーに設定したレコードの確認方法を教えてください
この記事は役に立ちましたか?