会員データをfutureshopへ移行する方法について教えてください

移行前のサイトから取得した会員データをfutureshopへ移行する方法についてご案内いたします。

 

1.旧サイトの会員データをダウンロードする

移行前の旧サイトより、会員データをCSV形式でダウンロードしてください。
※ダウンロード方法は旧サイトの管理者にご確認ください。

 

2.会員データをfutureshopの仕様に沿う形式に編集し、アップロードする

旧サイトの会員データCSVファイルを編集して、下記のfutureshop指定の形式に変更します。

作成した会員データCSVは、運用メニュー>会員管理>会員一括登録・取得 からアップロードしてください。

■CSVデータ:futureshop形式の会員一括登録用データサンプル

 うまくダウロードできない場合は、右クリックで「名前を付けてリンク先を保存」を選択して保存してください。

■オンラインマニュアル:会員一括登録用マニュアル
■虎の巻:CSVデータを開く際の注意
 

futureshopの会員一括登録用データの必須項目

新規登録時には、コントロールカラム、メールアドレス1、 パスワード、メルマガ受信可否が必須項目となります。

旧サイトからパスワード情報を抽出できない場合、長く推測されづらい英数記号混在のパスワードを全会員様に付与し、
パスワード再設定画面からお客様ご自身で任意のパスワードに変更していただく流れとなります。
(その際、システム変更に関するメール配信やログインページ上に掲示するなどでお客様にご案内ください)

 ※パスワードは4桁以上30桁以下で、半角英数字および記号の登録が可能です。

 ※パスワード再設定画面のURLは、commerce creator>ページ>「パスワードをお忘れの方」でキーワード検索 からご確認いただけます。

 

会員登録時の必須項目を設定している場合の注意点

設定>購入者・会員情報>顧客登録項目一覧 にて必須項目を設定している場合、該当の項目を「空白」で一括登録すると、
会員ログイン時に「会員登録内容に不足項目があります」という文言表示とともに登録内容変更画面に遷移します。

一括登録する前に必須項目の設定をご確認ください。

 

Excelを利用する場合の注意点

Excelで会員情報を編集する場合、Excelの自動置換機能により、
「1-10-5」などの番地が「2001/10/05」という年月日に書き換えられたり、電話番号の先頭の「0」が削除されたりする場合がございます。
Excelを利用する場合は以下を参考に「外部取り込み」を利用してください。

 ■虎の巻:Excelの「外部取り込み」って何ですか?
 https://faq.future-shop.jp/hc/ja/articles/4419637501593

 

ポイントオプションで「会員登録ポイント」を設定している場合の注意点

会員登録ポイントが設定されていると、会員の一括登録時にもポイントが付与されます。

移行会員には会員登録ポイントを付与したくない場合、設定>ポイント>ポイント基本設定の 「会員登録ポイント設定」にて、
付与ポイント数を一時的に空欄に変更してから会員の一括登録を行ってください。

 

スムーズに登録するためのポイント

CSVファイルを一から作成されますと、データ作成ミスにより登録項目の形式が一致せず、うまく登録できない場合がございます。
実際にユーザー画面から会員登録をして会員データを作成、CSVダウンロードをし、そちらをご編集いただくとスムーズです。

会員データは運用メニュー>会員管理>会員一括登録・取得>一括取得よりダウンロードしていただけます。 

 

 

3.(ポイントデータの移行が必要な場合)ポイント一括登録CSVにてポイントデータを移行する

ポイントデータは会員データCSVとは異なるCSVフォーマットにて移行します。
運用メニュー>ポイント管理>ポイント一括登録 にてデータサンプルを取得できますので、
そちらのCSVを用いて移行データを作成し、同画面からアップロードしてください。
 

※ポイント機能の利用には「ポイント機能オプション」のご契約が必要です。

※ポイント有効期限は移行できません。ご了承ください。


■オンラインマニュアル:ポイント一括登録

この記事は役に立ちましたか?